住宅を選ぶときの条件と注意事項

住宅とは人の住む住居のことを指し、一戸建てのことを個人住宅、複数の世帯が住んでいる所を集合住宅といいます。
住宅を選ぶ際には土地、家、立地などの複数の条件から平均的に一番良い所を選びます。
また条件の内これは譲れないというものが何かあれば、総合評価よりもそちらを優先して選ぶ場合もあるでしょう。
条件としてよくあげられるのが、値段と先ほど書いた3つ、土地、家、立地ですが、この中身を詳しく見ていくと様々なものに細分化されていきます。
例えば土地に関していえば、その土地の値段、地盤の強さなどがあります。
家は、部屋の数や内装、外装、大きさ等から、日の当たり方、生活のしやすさも重要です。
生活のしやすさでいえば、立地も大きくかかわってきます。
例えばお子さんやご主人、奥さんが働いている場合は、通勤通学を考えると交通の利便性が大切です。
またお子さんに関しては義務教育前なら学校や幼稚園の距離、近所を安心して歩けるか等も考えた上で選ぶ必要があります。
日々の生活のことを考えると、食事を作るためにスーパー等のお店が近くにあるかも重要です。
頻繁に行くことになりますから、安くて品揃えが豊富な所があると便利でしょう。
これらは自動車を持っているかどうかでも変わってきます。
また先ほどは書きませんでしたが、自動車を持っている場合には、家に駐車場があるかどうかも大切です。
駐車場も場所によっては高額なところもあるので事前に給料と照らし合わせて、無理のない計画を立てることをおすすめします。
さてここまで決まったら、後は実際に部屋に行ってみて生活しているところをイメージします。
最近では試しに一日住んでみることができるところもあるので、そのような物件を利用すると後々公開することが少なくて住みます。
あとは周辺の建設計画などについても調べておいたほうが良いでしょう。
例えば住み始めた半年後にビルの建設が始まり、日当たりが悪く、騒音に悩まされるというようなことも可能性としてありますので、しっかりと調べておいて下さい。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.